<   2005年 04月 ( 37 )   > この月の画像一覧
マリアッチ
メキシコ料理を食べにいった。
「マリファナ吸いたい」の歌を歌って貰った。
エル・マリアッチって書かれると、どうしてもロバート・ロドリゲスの
『エル・マリアッチ』と『デスペラード』を思い出してしまう。
あのすぐに死んでしまう助っ人さん。かっこよかったなぁ。

こういった馬鹿バカしいことを世界レベルでやってるのって尊敬する。
ちょっと本気っぽい気もするけど....。
b0042825_1661732.jpg

トランペットの夕焼けっぽい音がよかった。
[PR]
by vladivost0k | 2005-04-30 16:06 | オンガク
甘いやつ
せめて食事だけでも、と、スイカホテルの最上階にあるレストランへ行った。
料理は全体的に甘かったかけど、割とおいしかった。
ここにはテラスも併設されていた。
柵の代わりにガラスがぐるりを囲んでいてとても開放感があった。
素敵なデッキチェアとやたら音のよいボーズのスピーカー。
遠くに見えるサン・パウロの街並み。
甘いカクテルなんか飲みながら、ちいさな声で話したい。
b0042825_161363.jpg

[PR]
by vladivost0k | 2005-04-30 16:00 | カナタ
スイカホテル
かつてニューヨークへ行ったとき、
デザイナーホテルというのに泊まったときがある。
イアン・シュレーガーのデザイン。
良かったのだけど、やたら高かった覚えがある。

余談だけど、その後チェルシーホテルに泊まった。
あの、シド・ヴィシャスが恋人のナンシー・スパンゲンを殺したところ。
ホテル中にアートがあふれていた。
中には“ドアの無い部屋”なんてのもあったりして。
そして、この場所でウォーホル、ディラン、ジミヘン、ディディ・ラモーンなどが
生活していたことを思うと、魂が揺さぶられた。
爆音でシドを聴いた。

閑話休題

サンパウロの中心街からほど近い、スイカのかたちをしたホテルを見に行ってきた。
独特な外観なので正直あまり期待して居なかったのだけど、内観はとてもシックだった。
ブラジルにしては珍しくゴテゴテしてなくて、
「ここはニューヨーク」と言われても信じただろうし、「日本」と言われても信じた気がする。いい意味で。
しかし惜しむらくはホテルの名前。
Hotel Uniqueという。
そんなの見れば一瞬でわかる。
他にアイデアは無かったのだろうか。
b0042825_15572827.jpg

館内は撮影禁止だった。そしてセキュリティもかなり厳重だった。
値段を聞くとR$920(約3万6000円)〜とのこと。是非泊まりたい。
[PR]
by vladivost0k | 2005-04-30 15:57 | カナタ
ベイブ・マ・ベイベ
ビートルズがまだデビューする前、ドイツのスター・クラブで演ってた時代、
ジョン・レノンは豚を飼っていて、ベルリンの街を散歩していたと聞いたときがある。
もっとも、そのあと彼は“便器”を飼っていたらしいが….。

噂には聞いていたペットとしての“ブタ”。
サン・パウロで初見。
お目にかかれて、なんというか、光栄な気がした。
おちょぼ口でにんじん食べてた。
ちゃんとお座りもして。
身体に比べて脚がのっぺりしているところが、とてもくすぐられる。
b0042825_14314526.jpg

触るとゴワゴワしていて、抱きしめたら痛そうだった。
[PR]
by vladivost0k | 2005-04-29 14:32 | イヌとネコとブタ
ノスタルジア2
サン・パウロの空からみる景色は、流石に“南米一の都市”と言われるだけあって、
見渡す限りビルだらけだった。
この先をずっと行くより、この足の下をずっと行った方が、
日本に近いのだなぁ。
なんて思っていたら、急にToquio(東京)のことが懐かしく思えた。

ノスタルジア 摩天楼のなか
ノスタルジア 俺は170センチ
まぶしい光を抱いている
こんな端くれひとり
sion
b0042825_1421432.jpg

心に抱くのは彼の遠き故郷
[PR]
by vladivost0k | 2005-04-29 14:23 | 音の近所
ロケーション
この日はどうゆうわけか取材チームとよく遭遇した。
尾行されてるんじゃないか。と思うほどに。
b0042825_14135995.jpg

しかしどうして業界人ってこうも卑猥なのだろう。
[PR]
by vladivost0k | 2005-04-29 14:14 | カナタ
スキマと郷愁
こっちの人たちはなんでもよく並べる。
スーパーに行っても、缶詰なんかピシッとラベル面が揃っているし、
果物や野菜なんかも綺麗にピラミッド状になっていたりする。
意外と几帳面みたい。

さて、市場ではスイカが並んでいた。
でもこのブースに立ち寄る人は誰も居なく、
途方に暮れている夫婦だけ。
全部売れるのはいつになるのだろう。
b0042825_1049633.jpg

実はこのスイカ、直径60センチくらいあるのですよ。
[PR]
by vladivost0k | 2005-04-28 10:48 | カナタ
ブラジルの生ビール
ブラジルのビール樽の標準サイズは50リットル。
日本の規格は20リットルで、樽の重さを入れたらだいたい30キロくらいになるので
これはおそらく65キロくらいになると思う。
一度リオのセントロで配達の様子を見たときがあるのだけど、
樽をトラックの荷台上から放り落として、地面に置いた古タイヤにバウンドさせていた。
超ワイルド。

日本のビールはコーンスターチや米、麹などを入れているけど、
ブラジルのビールは、小麦の味で勝負している。
だから飲みやすくて、ついつい飲み過ぎてしまう。
b0042825_1047653.jpg

そして悪酔いしない気がする。
[PR]
by vladivost0k | 2005-04-28 10:46 | カナタ
市場のランチ
仕事先のご厚意で連休を貰った。
毎週の土日出勤に気を遣っていただいたようだ。
せっかくなので、サン・パウロへ行ってきた。

市民市場という、いろんな食材を売っている市場に行った。
イタリア系の店が多かったのだけど、見たこともない果物や、ホルモンなども売っていて、
見ているだけでも楽しめる。
感じでいったら上野のアメ横みたい。
飲食店もそうだけど、活気がある店って楽しい。

ここには飲食店も併設されていて、どこも大人気。
この超強引なサンドイッチを出す店も大盛況で、見ていたら働きたくなってしまった。
b0042825_10413754.jpg

モルタデッラというハムのサンドイッチ。
大量に重ねて投入されたモルタデッラは、それだけで3センチくらいあった….。
[PR]
by vladivost0k | 2005-04-28 10:41 | カナタ
背中は語る。
日曜日はパプカイアという所へ行ってきた。
リオ市からはだいたい車で2時間くらい。
ゲートボールの取材、兼、飲み。

部分的に「こんなおっさんになりたいな」
と、思う人が、少なくとも5人は居た。

しかし飲んだ。
そうとう飲んだ。
それでも気分が晴れ晴れしているのは、飲む相手が素敵な人たちだからだろう。
b0042825_11525942.jpg

飲み、兼、取材になってた気がする....。
[PR]
by vladivost0k | 2005-04-21 11:54 | 日々の泡


No Alternative

ギンギラの太陽、ヒラヒラの生きさま。リオデジャネイロ3年目はグッド・イナフ。2007年6月に帰国、帰国後も仕事を続ける。叱咤激励歓迎!
by vladivost0k
カテゴリ
全体
日々の泡
生活慕情
祝祭礼賛
W杯 06 at リオ
サンカク
オンガク
音の近所
パン屋襲撃
カナタ
ハルカカナタ
イヌとネコとブタ
グラフィティ
ノスタルジア
訓練中-青い冬-
プロフィール
未分類
リンク & カコログ
((百科事典と世界の不思議))
wikipedia
x51
語源由来辞典
Camper

((リオで音楽を聴くなら))
circo voador
carioca da gema
canecao
centro cultural carioca
estrela da lapa
fundicao progresso
vivo rio
terra(情報ガイド)

((リンク))
Brasilと私
pipiの日々
アンジー★南米へ行く!!
Luz de Buenos Aires
yunizou em marialva
いろはにほへと
いこブログ
シマもメヒコで考えた。
VENTO DO BRASIL
ほっこりお茶でも飲みながら。


((カコログ))







最新のトラックバック
バラガン!!
from なんちゃってポテト
とりあえず、晴れ!
from ('A`) ZEKEの、とり..
とりあえず、夏の年越し
from ('A`) ZEKEの、とり..
異端爺、異短歌?います、..
from 週刊イタぶろしき When ..
大根のビール漬け?
from 社長夫人〜BABAの知恵袋〜
珈琲について
from うつ病全快!!
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧