カテゴリ:W杯 06 at リオ( 30 )
06年ブラジル代表のあしあと
b0042825_7543314.jpg

サンタテレーザの丘で、ワールドカップネタのグラフィティを発見。
ボンデ(チンチン電車)の行き先もgermanyとなっている。
アンタルチカ社のガラナCMリスペクトということで、
半分ブラジル代表、半分アルゼンチン代表のユニフォームを着た、
マラドーナも乗っている。
ロナウドの近くにボールが来ているのに、ロナウドが動いていないところがいい。

そしてアルゼンチンの10番(リケルメ)の顔にイタヅラでスプレーが塗ってあるのは、
やっぱりリケルメを名選手として認めてのことか。
[PR]
by vladivost0k | 2007-03-01 07:53 | W杯 06 at リオ
ワールドカップは終わったけれども
夜空にひかるブラジル色。あな空し。
ワールドカップが終わってもまだ光ってる。
しかし2色だけで意志、主張を示せるのってすごい。
しかしいつまでやるんだろう、これ。
b0042825_11562392.jpg

ペトロブラス(ブラジル石油公団)の新社屋より。
[PR]
by vladivost0k | 2006-07-18 11:55 | W杯 06 at リオ
ヒーローでアイドルでスーパースター
インターネットでニュースを読む限り、日本でジーコはすごく評価が低いと思う。
しかし、ここリオデジャネイロでは正反対。
今もって、ジーコはヒーローでアイドルで、スーパースター。
ジーコが率いた日本代表にもそれなりの評価をしている。
b0042825_1113887.jpg

さいきん、ジーコの足跡を辿るDVDが発売になった。
それを上映するテレビの前で、目を輝かせるかつての少年たち。
ジーコはどこまでも華麗で、真摯で、スマートだ。
そしてそのスタンスは、今も変わっていない。

映されていたのは偶然にも1981年のトヨタカップ、
フラメンゴ対リバプールの一戦。
フラメンゴはジーコの活躍で、3対0で勝利するのでした。
[PR]
by vladivost0k | 2006-07-08 11:11 | W杯 06 at リオ
91歳
ところでフランス戦は91歳のじいさんと一緒に観た。
じいさん、僕に会うなり「やや。セキネさんじゃないですか。ああ、今日は飲まないと」。
光栄です!
b0042825_13191779.jpg

で、飲みながら観る。
‥‥前半終了‥‥
じいさん「ブラジルは負けたのかい」
おれ「いや、いま半分終わったところです。もう半分ありますから」
‥‥後半開始‥‥
じいさん「俺はフッチボールは好かん」(といって、身体をモニターと反対向きに)
おれ「僕もどっちか選べと言われたら野球を選びます」(と、いいつつ、モニターにくぎづけ)
じいさん「俺が観ると負ける」(で、いろいろ話しかけてくる)
おれ「お!ブラジルチャンスですよ」(じいさんの話し、まるで聞いていない)
じいさん「(ものすごい勢いで振り向きつつ)ほら、やっぱダメだよ」

その、期待しつつも素直じゃないところがとてもステキだった。
[PR]
by vladivost0k | 2006-07-01 13:18 | W杯 06 at リオ
7月1日リオは
国民的に盛り上がっていたので、もっと悲観に暮れたりするのかなと思っていたら、
どっこい、割とみんなあっさりしたもの。
僕を含めた日本人が持つ「しっとり」感はまるでない。

少し感傷ぎみになったので、フェスタ会場から家まで40分歩いて帰った。
試合時はシャッターを下ろしていた店もふたたび営業を開始し、
バスも走りはじめた。
バールの前ではブラジルカラーのいでたちでひそひそと飲む人々。
アパートの窓からはカラオケに興じる嬌声が聞こえた。
なんだかクリスマスイブみたいだ。
b0042825_1382149.jpg

近くの広場では大音量でDJが音楽を流していたけれども、
それも22時を境にぷっつりと途絶えた。
車の通りも多くない。
静かな夜。
なんだか雪でも降りそうな夜だ。
b0042825_1391911.jpg

どんなに強くても負けることがある。

それを知っているからこそ、「しっとり」しないのだろう。
サッカーが文化として定着しているからこそ、
勝負の厳しさ、そしてそれに抗ってつかみ取る、栄光の味を知っているのだろう。
[PR]
by vladivost0k | 2006-07-01 13:07 | W杯 06 at リオ
カリオッカ20人に聞いたブラジルの敗因
ブラジルが負けた。
この日はフェスタがあったので、200人くらいでみんなで観戦。
で、負けた。
20人くらいの意見を統合すると
・監督がよくない
・ジュニーニョを替えた理由が分からない
・シシーニョ、ロビーニョ投入が遅すぎ
・ロベカルはもういいでしょう
という意見。
特に監督を責める声は80%以上。
ていうか、選手をけなす人は居なかった。
「次の監督は誰がいいですか」
との質問には、100%の確率で、
「フェリペ」(02年優勝時のブラジル代表監督で現ポルトガル代表監督)
との答えが返ってきた。
いわく「ブラジルは個性は揃いだからガンガン行く監督、
ハートがアツいヤツじゃないとダメなんだ」とのこと。
b0042825_12592879.jpg

でもそろそろヨーロッパの監督入れたほうがいいと思うのだけど、
やっぱプライドがあるのかな。
[PR]
by vladivost0k | 2006-07-01 12:58 | W杯 06 at リオ
アンタルチカとブラジル代表のダブルネームT、ついにコンプリート!
このキャンペーンも24(土)、25(日)が最終日。
両日ともチラ見したけど、結局「1970年 メキシコ大会モデル」はなかった。
その辺に居る人に声をかけても、誰も70年のは持ってなかった。残念。

がっかりしてたのも束の間、
知り合いと世間話をしていたら、なんと彼は70年モデルが余っていて、
僕の余っている「94年アメリカ大会モデル」を持っていないという。
交渉成立。
そうして月曜日、ようやっと70年 メキシコ大会モデルをゲットしたのでありました。
b0042825_1232890.jpg

1970年 メキシコ大会モデル。背番号「10」ペレの通算得点は1200点以上。すごすぎ。
[PR]
by vladivost0k | 2006-06-27 12:06 | W杯 06 at リオ
ガーナ戦3点目の意味
94年アメリカ大会のブラジル代表を例に出すまでもなく、
パレイラ監督は守備的な戦術をとることで知られている。
今回の大会でも
クロアチア戦 1対0、オーストラリア戦 2対0、日本戦 4対1、
ガーナ戦 3対0。と、まだ1点しか取られていない。

しかも、パレイラ監督にとって、日本戦はサブメンバーのテスト、
ガーナ戦はカウンター攻撃のテストだったように思えてならない。
ていうか、「カウンター攻撃の教則ビデオ」を観ている気分だった。

フォワードのカウンター攻撃はもちろんのこと、
ミッドフィルダー、サイドバック(ロベカル〜!あれは決めないと!)、
センターバック、ボランチと、どのポジションからも繰り出されるカウンター攻撃のつるべ打ち。
ここに、ブラジルの「チームの意志」を感じた。

そもそもカウンター攻撃って疲れるし、
失敗すると相手のチャンスになる、守備陣の負担が大きい諸刃の剣で、
どちらかというと「弱者の戦法」として使われる戦術。
それをタレント揃いのブラジルが90分間をとおしてやるところに、
「石橋をたたいて渡る」パレイラ監督の慎重さを感じる。

ガーナ戦の3点目なんて、ゼ・ロベルトが飛び出してシュートを決めるまでに、
ブラジルは24回のパス交換を行っている。
「ゾーンプレス」が浸透している現代のサッカーで、
ここまで長くボール廻しをしながらゴールを決めたのも珍しいと思う。

「ボールを取られない」技術はもちろん、
チーム全体の意志をもって虎視眈眈とカウンターを狙えるところが、
2006年版ブラジル代表の強さだと思う。
あのゴールは、ちょっと恐ろしくもあった。
なぜなら11人の選手があたかもひとりの人体のように、ひとつの意志で動いていたから。

24回のボール廻しが行われている最中、観客はブーイングでこれを迎えた。
ゼ・ロベルトがディフェンスラインの裏に飛び出したとき、
ガーナのディフェンダーは誰一人として反応出来なかった。
しかし、ピッチに立つ11人とパレイラ監督は違った。
彼らには3点目のゴールが見えていたのだ。
b0042825_11542649.jpg

試合中、「シェー」に興じるパレイラ監督、ざんす。
[PR]
by vladivost0k | 2006-06-27 11:52 | W杯 06 at リオ
私的「ワールドカップ仕様ビール」ランキング
ビール会社各社もワールドカップ仕様の缶を出している。
これが各社の特徴が出ていて結構面白い。
b0042825_10231028.jpg

という訳で
☆私的「ワールドカップ仕様ビール」ランキング☆
1位 skol
丸ゴシック体が好きなのでそれだけで1位決定。色づかいも配色も絶妙。
2位 antarctica
チアリーダーをあしらった缶は若者からおっさん、女性まで、幅広い顧客層をカバー。
3位 bavaria premiam
高級感を売りにしているだけあって、格調高そう。でも値段は普通。ていうかモルツ?
4位 itaipava
よく言えばさわやかなデザイン、悪く言えば当たりさわりのないデザイン。
5位 brama
文字情報のみの硬派さ。味で勝負といったところか。でももうちょっと色気が欲しい。
[PR]
by vladivost0k | 2006-06-25 10:19 | W杯 06 at リオ
地下鉄に乗るや否や、気分はロナウジーニョ。ゴォ〜〜〜ル!
リオ市内の地下鉄では、車輌がスタジアムに大変身!
b0042825_81734.jpg

床はなんと人工芝!!
車掌の端っこには敵国ゴールキーパーがボールを後逸している写真があしらわれ、
ペナルティエリアのラインはもちろん、
車輌の真ん中にはセンターラインまで引かれている!
で、壁には黄色いシャツを着た満席の観客の写真!
すげぇ。すごすぎるぜ、ブラジル。
b0042825_8175559.jpg

ゴォ〜〜〜ル!
ていうか、ロナウジーニョは早見優に似ている。
[PR]
by vladivost0k | 2006-06-24 08:16 | W杯 06 at リオ


No Alternative

ギンギラの太陽、ヒラヒラの生きさま。リオデジャネイロ3年目はグッド・イナフ。2007年6月に帰国、帰国後も仕事を続ける。叱咤激励歓迎!
by vladivost0k
カテゴリ
全体
日々の泡
生活慕情
祝祭礼賛
W杯 06 at リオ
サンカク
オンガク
音の近所
パン屋襲撃
カナタ
ハルカカナタ
イヌとネコとブタ
グラフィティ
ノスタルジア
訓練中-青い冬-
プロフィール
未分類
リンク & カコログ
((百科事典と世界の不思議))
wikipedia
x51
語源由来辞典
Camper

((リオで音楽を聴くなら))
circo voador
carioca da gema
canecao
centro cultural carioca
estrela da lapa
fundicao progresso
vivo rio
terra(情報ガイド)

((リンク))
Brasilと私
pipiの日々
アンジー★南米へ行く!!
Luz de Buenos Aires
yunizou em marialva
いろはにほへと
いこブログ
シマもメヒコで考えた。
VENTO DO BRASIL
ほっこりお茶でも飲みながら。


((カコログ))







最新のトラックバック
バラガン!!
from なんちゃってポテト
とりあえず、晴れ!
from ('A`) ZEKEの、とり..
とりあえず、夏の年越し
from ('A`) ZEKEの、とり..
異端爺、異短歌?います、..
from 週刊イタぶろしき When ..
大根のビール漬け?
from 社長夫人〜BABAの知恵袋〜
珈琲について
from うつ病全快!!
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧