正念場には記念撮影を
校正が終わり、300枚ほどの赤入れ原稿をEMSで送ったのが4月の2週目。
それから到着の連絡以外は何の音沙汰もない。
不安になってメールを送るも、返事はなし。
ちゃんと指示が反映されているか、不安という気持ちと、
もういいや、という気持ちで愛憎半ば。

ヒマなので、図書館に入り浸っている。
で、藤子不二雄の希少本『二人で少年漫画ばかり描いてきた』を読んだ。

藤子不二雄はトキワ荘時代初期、限界を超える膨大な仕事を受注してしまう。
アセる気持ちを和らげるためか、気分転換のためにか、
ふたりは郷里の富山に場所を移して仕事をしようとする。
ところが、郷里ではまったく筆が進まなくなり、
ほとんどの雑誌の原稿を落としてしまう。

山のように届く各雑誌社からの請求の電報や速達の督促状は
ある時点からフッと来なくなり、最後に
「ゲンコウオクルニオヨバズ ホカニタノンダ」
という事後報告が送られてくる。

この本にはそのときの記念撮影が載っていた。
こんな、漫画家生命が絶たれるという一大事なときに
記念写真を撮るなんて、すごい。
b0042825_20381351.jpg

実は、自分もちょっと似た体験をしている。
11月くらいに矢のような催促を受けたのだ。
毎晩のように国際電話が掛かってきて、つらかった。
他に頼むから資料を全部送ってくれ、とも言われた。

自分たちは何もしないでこっちに丸投げしているのに、
どうしてそんな案が出てくるのか、そんなに俺が信用できないのか、
とてもショックだった。
何のためにこれだけ時間をかけて無給でやっているのか、と憤慨もした。

でも自分には、そんな自分を記念撮影するなんて、発想も余裕もなかった。
余裕がないから憤慨が来ちゃうんだと思う。
今度迎える正念場では、是非自分を写真に納めておこうと思う。
[PR]
by vladivost0k | 2008-04-27 20:37 | 生活慕情
笑え。 >>


No Alternative

ギンギラの太陽、ヒラヒラの生きさま。リオデジャネイロ3年目はグッド・イナフ。2007年6月に帰国、帰国後も仕事を続ける。叱咤激励歓迎!
by vladivost0k
カテゴリ
全体
日々の泡
生活慕情
祝祭礼賛
W杯 06 at リオ
サンカク
オンガク
音の近所
パン屋襲撃
カナタ
ハルカカナタ
イヌとネコとブタ
グラフィティ
ノスタルジア
訓練中-青い冬-
プロフィール
未分類
リンク & カコログ
((百科事典と世界の不思議))
wikipedia
x51
語源由来辞典
Camper

((リオで音楽を聴くなら))
circo voador
carioca da gema
canecao
centro cultural carioca
estrela da lapa
fundicao progresso
vivo rio
terra(情報ガイド)

((リンク))
Brasilと私
pipiの日々
アンジー★南米へ行く!!
Luz de Buenos Aires
yunizou em marialva
いろはにほへと
いこブログ
シマもメヒコで考えた。
VENTO DO BRASIL
ほっこりお茶でも飲みながら。


((カコログ))







最新のトラックバック
バラガン!!
from なんちゃってポテト
とりあえず、晴れ!
from ('A`) ZEKEの、とり..
とりあえず、夏の年越し
from ('A`) ZEKEの、とり..
異端爺、異短歌?います、..
from 週刊イタぶろしき When ..
大根のビール漬け?
from 社長夫人〜BABAの知恵袋〜
珈琲について
from うつ病全快!!
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧