悲しい事実
送別会のハシゴ。
帰りのバスで、運転手と客が大ゲンカ。
事の発端は、客が65歳以上の無料パスを忘れてきたこと。
運転手は規則通り、用紙に身分証の番号と名前を書いてくれと言った。
ところが、客はそれがイヤらしく、ゴネまくる。
運転手の「頼むから座ってください。お願いします」と言うのを聞かず、
文句を言いまくる客。
次第に両者の声は大きくなり、最後には耳を覆いたくなるような言葉が。
b0042825_051140.jpg

ブラジルに暮らした2年間のうちにも、
なんとなくブラジルからブラジルらしさが抜けていくのを感じていた。
知人にこのことを話すと、
「確かにその通り。昔はもっと人々がやさしかった」
との答えが返ってきた。

もっとも、日本に比べれば、
比較にならないほど他者との関係は近しく、思いやりがある。
老人をサポートするのは「当たり前」の行為だし、
バスの中で他人同士が世間話しをする姿も日常茶飯事だ。

ブラジルも日本のように、他者との関係が希薄になっていくのだろうか。
そうだとすると、ちょっと悲しい。
[PR]
by vladivost0k | 2007-06-02 23:42 | 生活慕情
<< 三十路の勲章 切腹はharaquirisとい... >>


No Alternative

ギンギラの太陽、ヒラヒラの生きさま。リオデジャネイロ3年目はグッド・イナフ。2007年6月に帰国、帰国後も仕事を続ける。叱咤激励歓迎!
by vladivost0k
カテゴリ
全体
日々の泡
生活慕情
祝祭礼賛
W杯 06 at リオ
サンカク
オンガク
音の近所
パン屋襲撃
カナタ
ハルカカナタ
イヌとネコとブタ
グラフィティ
ノスタルジア
訓練中-青い冬-
プロフィール
未分類
リンク & カコログ
((百科事典と世界の不思議))
wikipedia
x51
語源由来辞典
Camper

((リオで音楽を聴くなら))
circo voador
carioca da gema
canecao
centro cultural carioca
estrela da lapa
fundicao progresso
vivo rio
terra(情報ガイド)

((リンク))
Brasilと私
pipiの日々
アンジー★南米へ行く!!
Luz de Buenos Aires
yunizou em marialva
いろはにほへと
いこブログ
シマもメヒコで考えた。
VENTO DO BRASIL
ほっこりお茶でも飲みながら。


((カコログ))







最新のトラックバック
バラガン!!
from なんちゃってポテト
とりあえず、晴れ!
from ('A`) ZEKEの、とり..
とりあえず、夏の年越し
from ('A`) ZEKEの、とり..
異端爺、異短歌?います、..
from 週刊イタぶろしき When ..
大根のビール漬け?
from 社長夫人〜BABAの知恵袋〜
珈琲について
from うつ病全快!!
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧