64歳になっても
甘いものは大嫌い。
なのだけれども、チョコレートは例外。
チョコレートは甘くない。
ヘ理屈はこのくらいにしておいて、さいきんチョコレートにはまっている。
b0042825_1046838.jpg

さて、人がどうして恋に落ちるかというと、
これは脳内にpeaという名の「恋のホルモン」が出るかららしい。
この「恋のホルモン」が出るには条件があって、
1.不安定な状況
2.緊張しているとき
などに出やすいらしい。
恋をしてドキドキわくわくするのも、この「不安定な状況」の一部。
逆に言うと、安定しているときに恋はできにくいということ。

人は不完全なので、それを補おうとして、求めるのだろうか。
それとも補おうとして求めるから、不完全なのだろうか。

まあまあまあ、そんなリクツはおいておいて、
チョコレートを食べると、恋をするときと同じこのpeaが出るらしい。
これを信じるならば、勝負をかけたデートコースには吊り橋を入れて、
おやつにチョコレートを持参したら完璧。
帰国後にはぜひとも試したい手のひとつだ。

それから、恋がドキドキしたり、激しいものであるのにたいして、
愛は、逆に精神の安定を求め、やすらぐものであるらしい。
そうしてお互いの信頼関係を育むとのこと。

そんなこんなで愛と恋は実際には同居しないと言われているけど、
あまり信じたくない。
前にもこのブログに書いたけどポール・マッカートニーは26歳のときに
when I'm sixty-fourという曲を書いている。

when I get older loosing my hair, many years from now
will you still be sending me a valentine
birthday greetings bottle of wine

「僕が歳を取って頭がハゲても
 キミはまだバレンタインデーにワインをプレゼントしてくれるかい」

残念ながらリンダは死んじゃったけど、
64歳になっても、恋と愛の狭間を行き交うような、
そんな恋愛をし続けたい。
もちろんデートコースには必ず吊り橋を入れて、ポケットにはチョコレートを詰めて。
[PR]
by vladivost0k | 2006-07-05 10:45 | 日々の泡
<< 状況の囚人 kids are all ri... >>


No Alternative

ギンギラの太陽、ヒラヒラの生きさま。リオデジャネイロ3年目はグッド・イナフ。2007年6月に帰国、帰国後も仕事を続ける。叱咤激励歓迎!
by vladivost0k
カテゴリ
全体
日々の泡
生活慕情
祝祭礼賛
W杯 06 at リオ
サンカク
オンガク
音の近所
パン屋襲撃
カナタ
ハルカカナタ
イヌとネコとブタ
グラフィティ
ノスタルジア
訓練中-青い冬-
プロフィール
未分類
リンク & カコログ
((百科事典と世界の不思議))
wikipedia
x51
語源由来辞典
Camper

((リオで音楽を聴くなら))
circo voador
carioca da gema
canecao
centro cultural carioca
estrela da lapa
fundicao progresso
vivo rio
terra(情報ガイド)

((リンク))
Brasilと私
pipiの日々
アンジー★南米へ行く!!
Luz de Buenos Aires
yunizou em marialva
いろはにほへと
いこブログ
シマもメヒコで考えた。
VENTO DO BRASIL
ほっこりお茶でも飲みながら。


((カコログ))







最新のトラックバック
バラガン!!
from なんちゃってポテト
とりあえず、晴れ!
from ('A`) ZEKEの、とり..
とりあえず、夏の年越し
from ('A`) ZEKEの、とり..
異端爺、異短歌?います、..
from 週刊イタぶろしき When ..
大根のビール漬け?
from 社長夫人〜BABAの知恵袋〜
珈琲について
from うつ病全快!!
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧